蒼井翔太に落ちたジャニオタ

母親からイケメン好きを受け継ぎ、小学生からジャニオタだった現在社会人のオタクで夢女子で腐女子が蒼井翔太にはまった。今もジャニーズ、ジャニーズjr、男性声優を追っかけしている。

蒼井翔太 LIVE 2019 WONDER lab. I in福岡サンパレス

蒼井翔太くんのお正月が1月5日からはじまり、2月17日までのツアーおつかれさまでした。今回は、前回のワンゼロ東京から約1年ぶりの現地参戦でした。ワンゼロのレポも途中まで書いてたんですが、力つきて上げられなかった。

※自分でも信じられないぐらい記憶が飛んでいてレポではないです。感想文と日記と解釈語りです。

※ぼちぼち書いてたら書ききるまで1ヶ月近くかかってます。


私の住む県からは大阪が一番ちかく、個人的理由もあり1月〜2月中旬は遠征を自粛って感じだったんですが、大阪公演はFC先行→一般先行→一般といろいろ応募したけど全て落選…。でもど〜しても行きたくて、1月に思い立ち結局一般チケットで福岡に参戦しました。やっぱり無理して行って良かった!


福岡公演の1週間前頃から、26日だけ雪マークになっていて、当日は雪に雷。蒼井翔太くんさすがだなと思いました。

いつものように正露丸をにぎりしめ、早朝の新幹線にのりこみ、ついてすぐ博多マルイのプリンスキャットハウスの整理番号をもらいにいき、ギャルになりたかったので阪急のメイクルームで顔を完成させ髪をぐるぐるに巻き自撮りしまくったあと、プリンスキャットハウスで散財しお昼ご飯を食べてから福岡サンパレスに向かいました。お昼頃まで博多駅周辺は雪が降って風もつよかったのですが、サンパレスについたときは降っていなかったので安心していたのですが、隣のホテルでケーキを食べながらお手紙を書いたあとまた外に出たら吹雪みたいな雪😂雷もなったりしていて、蒼井翔太くん本気じゃんって。


マリンメッセでもジャニストのライブがあったので、隣のホテルのロビーが蒼井くんのオタクとジャスミンであふれてました。魑魅魍魎(オタクがいっぱい居る様子を私はこう言う)あと目の前にまじの美少女がいてガンミしてしまった。ごめんねあのときの美少女。アイドルかネットアイドルかコンカフェキャストやってくれ。


まあいつものようにいろんな人がいましたが、雪が降っていた影響なのか?開場時間10分前頃には開場していました。私もいつもは15分前ぐらいに入るのですが、寒かったのですぐ入りました。3階席まで上がって、かなりスモーク炊かれていて私の目が曇ってるのか、会場が曇ってるのかわからなくてパニック。めっちゃ目薬指した。

私の座った席は、3階で高かったですが、とても見やすく広い席で、前に人が居ない状態で見れました。1階2階はほぼFCかな?譲渡いっぱいでてたからどうかな~とは思ったけど、その割には埋まってましたね。3階席は一般なので半分ぐらいは埋まってました。

手紙入れに行ったり、自撮り(ロビーめっちゃ盛れた)したりしてるうちに開演時間になったので、いい加減本編書きます。


セット


OPの映像はモニターではなく、ステージの全面に薄い布が貼られていてそこに投影?という感じ。蒼井くんがでてきてからバサーっと回収されてたと思いますが、興奮して記憶ないです。セットは一番下両端にバンドメンバーさん、センターに階段、その上に台があって、その両端に階段。上段の台座にポップアップがありました。でも本編では左側の階段しか使ってなかったような…。(客席から見て)もしかしたら登るときは左側で降りるときは右側から降りてたかも。装飾なども特になく、ワンゼロ路線のシンプルステージ!スクリーンは縦はせまかったけど横幅いっぱいでOP映像も映画チックに見えました。


オープニング映像

空撮!私の性癖空撮!夜の摩天楼を上から空撮!風になびくマントのフードをかぶった蒼井くんがチラチラ映る。あーいうOP映像って演者の顔がちらっとしただけできゃー!ってなるんだとおもってたけど、蒼井くんのオタクは蒼井くんの顔がちゃんと映ってからキャー!でした。上段の台に映像と同じ、フードを被った蒼井がスライドアップ(?)で登場。

(ここからレポ書くのに2週間開いて記憶がほとんど有りません)




Eclipse


昨年はFCイベントに行けなかったので、生歌で初めて聞きました!正直CD音源だとそんなに刺さらなかったのですが()、やっぱり蒼井くんの生歌は各別。1曲目からがつんときました。激しめの曲なので蒼井くんも想像以上にノッていて、かなり頭降りながら歌っていました。

 

歌い終わってから、暗転してマントをばさ~っと投げる時の瞬間にモニターがピカっと光って蒼井くんがマントを投げるシルエットだけ見えた演出、かっこよかった。


イノセント


相変わらず蒼井くんのセトリはパニックになる曲順ですね。ホールで狭かったのでハウリングがあまり無く、音響が良かったのでイノセントの高音も叫ぶような地声も聞きやすかった印象があります。衣装は蒼井翔太(cv.蒼井翔太)みたいな、青の光沢のある衣装で黒いブーツ?何曲目かで上のジャケットを脱いで黒で袖がレースになっていて、背中の肩甲骨のほうまでレースになっていました。それを見せてくれるときに後ろをむいてくれて「前の方の人には刺激がつよいかな?」その後バンドさんとのトークで増パパに話を聞こうとしたら増パパも後ろ向いて「開いてるかな?」みたいな仕草をしてて「開いてないからw」ってつっこむ蒼井くん。のちのちその下り全員してましたwwバンドのお兄さん達との関係性もかわいい〜。

「雪ふってるよね!?雷も聞こえて、ちょっと蒼井翔太、本気出してしまった~」
「バンドのみんなと、ステージでて客席みたらみんなが半分真っ白なんじゃないかって話してたよ」

 

「よく見たらカップルや家族で来てくれてる人もいるから、ラブソングも歌えたらいいな~……みんな好きな人いる?」
ファン「ざわざわ……(多分居ない)」
「恋してる人~?」
ファン「しょーたん!しょーたんにしてるよ〜!」
「なにそのテンプレみたいな回答~!wありがとねw」

 

「今回の衣装、ちょっとしか見れないのもあるから、よーく見ててください。」

 



ユメノツヅキ

イントロのシンセ(?)「ぴーん!」の音がめっちゃ強くてびっくりした。帰りに音源確認した。特に他のライブと変わった事は無かったと思う。イノセントとユメノツヅキの時、左右に歩きながら歌ってたと思うんだけど結構ファンサもどき?というか指さしとか手を振ったり目線配ったりする仕草が多くて驚いた。振り返り際に指さしてるのとか見えた気がする。

 

 

声だしコーナー

男子・女子・家族とか1階・2階・3階に分けて「オイ!オイ!オイ!オイ!」と声だししました。この後のセトリでコールをしやすい空気づくりなんですね!普通のライブなら定番のコーナーだけどいままでの蒼井くんの「魅せる、聴かせる」ライブとは違った雰囲気を感じます。男子のあたりからのテンポアップも楽しかった!

INVERTED

この曲からかなりブチ上がりセトリ!とにかくコールの嵐!今までの蒼井翔太のライブにはないライブ感で参加型のライブの意味が、「みんなの声が聞きたい!」の意味が分かりました。「inverted、いくよォ!」のすぐあとからコールできてた! 前に蒼井くんが「僕が煽らなくても声出してね」と言っていて、福岡公演はかなりソレができたと思います。AメロBメロの「無防備な夜の星空ウォッ!」「善か悪カッ!」って煽る感じ好きでした。サビの「果てしない~」「思いを〜」のところワンゼロの時も煽ってだと思うので、ペンライトを振り上げたりはしてたんだけど、今回蒼井くんが手を振り上げて「果てしない\ヴォイ!/思いを〜\ヴォイ!/」っていうコールになってたの良かったな~。これも声出し練習でコールしやすい空気作りの成果(?)ですよね。

イントロのピアノのところ、ワンゼロの時はポーズとって登場だったけど、今回ステージセンター前方に立って曲が始まったから、腕をくるくるしながらあげていくような振り付けが付いてた(気がする)。わたしは今回の参加ダンサーだと、あっちゃんが推しなのでちょこちょこあっちゃん観察してた(気がする)とってもラブリーでセクシーなので。

UNLIMITED

「次の曲は僕と皆のデュエット曲です!」 と言ってステージの上段まで上がる蒼井くん。歩き方がエロいダンサーのお姉さんみたいでめちゃくちゃ笑った。やたらとコールの多いアンリミ、まさかのデュエット曲だったとは。この曲のダンス好き。すこし振りが変わってたような?Dメロの「鏡越しの〜」は振付かわってて、あんまりダンサーをピコピコ操作してない感じだった。


S

ハイ!好き!発売されてからライブの定番曲になるとおもってましたが、ワンプリからFCイベとかあってもなかなか歌わなくて、かなりじらされてからのこの選曲〜!そゆとこ好き!Aメロの低いところかなり歌いづらそうだった。「天使ヅラ〜」のときのマイクを両手持ちで顔の前でくるくるしてくねくねしてて、爆笑した。からの「攻撃的になれないとでも〜」の攻撃的な蒼井くんね。はい、ギャップ完成。ほんとにこの曲大好きです。なんといっても作詞作曲が上松さん。上松さんから見た蒼井だったり、蒼井くんへのメッセージだったりする歌詞か最高に好き。さらには、その上松さんの作った曲を歌っているときの蒼井くんが一番好きです。

 

映像

過去のライブ映像や、ペンラやうちわを振るオタクの映像がスローで流れている感じのやつ。感動系だったな。一応、アーティスト活動5周年を迎えた総集編みたいなライブだったのかも?このあとのIamはこういうことがあって歌ってるよっていう導入的な意味も感じますね。

 

I am

ステージ上段に登場する蒼井くん。シルエットだと「ウエディングドレスやん」っておもったんですが、純白というよりは生成りっぽい色味の衣装で、どちらかというと女神?神様?神話のイメージかな?お腹がクロスになっていて、へそは3階席からでも見えました。脇が開いてるのは気付かなかった。ヘッドドレスがとっても素敵。夜景の映像に歌詞と少し違うメッセージが流れていました。

 感想部分の詞みたいな文章もね。

 

始まる前から蒼井くんが言っていましたが、今回のツアータイトルの「I」がこの曲に込められていたんですよね。32年間、悩んだ事や苦しんだ事、その先にある今を感じました。一人称が私なのは、男性も女性も共感できるようになのかな。それとも男性と女性の間に居る「蒼井翔太」の一人称なのかなとも思います。

 

「これ"も"僕」

 この言葉かなり重いし深い。「声優」という枠にとらわれず、「男性だから」「女性だから」「何歳だから」だとかいう言葉は、 蒼井くんには関係ないし野暮。なんでも良いと思います。なーんでもいい。 なにしてもいいです。上から目線みたいですいません。「何めざしてるの?」とかいうのもよく見ます。蒼井くんは「蒼井翔太」であって、「蒼井翔太が何をやるか、やりたいか」です。蒼井翔太が何かになりたい」わけでは無いと思います。蒼井翔太くんがやりたいこと、選んだお仕事、選ばれたお仕事が蒼井翔太くんのお仕事ですからね〜!蒼井翔太くんは蒼井翔太くんです。そんなことを考えさせられる曲です。バラードの間はいろんなこと考えちゃう。



Ditance

後ろのモニターが窓になって、窓から夕焼けが見えるような映像でした。わりと状況を書いた歌詞で、Iamの幻想的な感じとは違って、身近な?感じだから部屋の中なのかな〜みたいな解釈。一番驚いたのは前から風を浴びていた事!!!!!蒼井くんが今のワンレンヘアになるまでは、鉄壁の前髪だったはずなんです。ワンプリの「愛のささめきごと」でも風浴びてたんですが、あのときは風が後ろから吹いていて衣装はなびくけど、鉄壁の前髪には干渉しないんだ〜!すげ〜!っていう独特の萌え方したの覚えてる。それが今回は前から〜!蒼井翔太の前髪がなびいてる!すごい!蒼井翔太の可能性感じる😭(大げさ)



ダンスコーナー

 お着替えタイムでいつものようにダンサー紹介!と思いきや、ダンサー紹介の最後にステージ上段から登場した蒼井くんも一緒にインストでダンスしてました!!!!蒼井くんのダンスコーナーも初〜!これ恒例になるといいなあ。結構しっかりめのダンスで振りの数もおおかったけど、さらっとこなしていましたね。蒼井くんのクセが無く、あまり大きくないさらっとした踊り方がとても好き!でもキレがあるし、ひとつひとつの動作が丁寧なので振付が分かりやすいです。衣装は赤チェックのシャツにで襟が黒。定番の黒のスキニーパンツ。首にかなりごつめのチェーンかけてて、MCのとき結構気にしててガチャガチャ言ってました。あと手袋ね。



Chackmate

ヘッドマイクで歌っていたので両手ダンスでダンサーさんと同じダンスしてたFCイベのときもハンドマイクで歌ってた気がするんだけどどうだったっけ...「抱きしめられる」の振り、両手でまさぐるのを見られて大満足よ。「瞬きも」の目の前で手をドゥルンって振りも好きすぎるわい。「エビバディッ↑」「エビバディッ↑」って煽る言い方してたのぐっと来た。

 

Bet On You

この世にまだラジオでのワンコーラスしか公開されてない曲披露してくれました〜。蒼井翔太のライブだからやるんじゃないかと思ってた人も居るかな?」的なニュアンスのこと言ってましたよね???

 

この曲はダンスナンバーでした!1番はラジオで聞いた通り、EDMがガンガンに聞いてる曲なんですけど、2番からはラップになってた!とにかく腰を振ってた印象強いです😇「僕に賭けてよ」「君に賭けるよ」の歌詞エモいっすね。蒼井翔太に賭けてよ」ってことらしいです。曲のサビのキー的にこれぐらいの声張り上げるかんじが一番の好みですね!ライブでも歌ってて楽しそうというか、腹の底から声だして歌ってる表情も好きです。

 

ブルーバード

ダンスありでいつものかんじだったとおもいます。(雑)でも踊りながら歌うスキルが上がりすぎててビックリした。たまに前の円盤とかみると、たまに音程不安定だったりしてたのに、今は完璧になってるのってかなりすごいのでは…?

 

Stay With Me!!


この曲も前回はハンドマイクだったのを、ヘッドマイクになってた〜!振り数多いダンスをさらっと踊る蒼井翔太が好き〜!(しつこい)「マニュアルがあれば〜」の振りは両手の方が分かりやすくて好きだな。

Why,pessimistic?

「いくよ!」だったか「セイ!」だったか忘れたけど冒頭の「ウォウウォ〜〜〜〜〜〜〜↑」を言わされました。楽しかった。ここのAメロのラップみたいな低音も歌いにくそうだったな。以前よりもダンス激しく踊っててて、髪を!髪を振り乱していた!「言わせたりはしないからっからっ」の振りで顔を振り上げて前髪ばさってなってて…!え、えろじゃん。それはエロじゃん。「OK」「Let"s go!」のとき、背景モニターに一瞬ピカッと文字が映るのがかっこよすぎた。

SMILE SMILE SMILE

エロじゃん?チャッチャーチャッチャチャー!(イントロ)が流れたときのキャー!で笑う。分かるよ!今から尻が見れるんだもんな!わかる!赤衣装と手袋のエロさも相まってめちゃくちゃ良かった!いつまで生きれるかだれにも分からない」のリフトはなくなってカウントズレの振付になってた...wしかしブルゾンあおいは健在。とにかくラスサビの床に手をついて腰を振るところに集中しようと思ってたので、ほかの事に目を配る余裕がなかったです。

 

 そしてエンディング〜。

からの「しょーたんコール」



ずっと...

 ステージ上段からの登場。ラインストーンで加工された蒼井翔太じゃないほうのツアーTシャツに、ダンガリーシャツ(死語?)に、薄めの色のダメージデニム、腰に黄色と緑のチェックシャツを巻いた衣装で、かなりカジュアル。後ろの映像、ハートがちらばってて左上から右下にむけて、水色からピンクのグラデーションがかかってて、勝手に「蒼井くんとオタク」みたなこと考えてました。歌いながら下段までおりてきたかな?手の振りとか、ハートの動作とか、リップ音もいつもどおり。

 

Tone

いつもの、発売前の新曲披露です。アニメのティザーの試聴では聞いてました。とってもさわやか、というかエラいさわやか。間奏部分で楽しそうにくるくるまわってるときに、めちゃくちゃときめいた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!めっちゃ彼氏!!!!!!!!!!!!!!!!!!エクスクラメーションマークの数でお察しください。アンコール衣装、すごいカジュアルだな〜。ってくらいしか思ってなかったけど、その瞬間にすごいリアルな彼氏感を感じて「えっ!!!!!!!!!!」ってなりました。勝手な解釈ですけど。


ココに

 染みます〜!センターでスポットライト浴びてバラード歌う蒼井翔太くんは染みます。ラストの1フレーズをアカペラでマイク無しで歌ってくれました。すこし上を向いて、みんなに届くように?歌ってたのが印象的です。その瞬間すごい涙がでました...。スピーカーを通さず、蒼井翔太くんののどから直接蒼井翔太くんの歌を聴いてしまった!狭い会場ならではだし、「マイクなしにしよう」って言ったのは蒼井くんなのかスタッフさんなのかわからないけど、その発想がエモい…。3階席でもすっっっごい聞こえました。

 

福岡は会場の雰囲気も良く、コールも大きくて、そのことを蒼井くんがブログにも書いてくれたし、多分3階席にお子さんが来てて、MCのときにちょこちょこ大きな声がでてて蒼井くんもつっこんだりしてたんだけど、おかしなタイミングで叫ぶ人も居なかったし。最後のアカペラもシーーーーンしたことろで、蒼井くんの生声が届いてとっても素敵な雰囲気でした!

 

 

カルライの時とかも、無音になったときの「だれも叫ばないで・・・・!!!!!!」ってやたらとドキドキして不安になるあの時間・・・。ワンアイの東京ではさけんじゃった子がいたみたいだけど。そのドキドキはステージに立ってる蒼井くんが一番感じてるだろうから、それに協力できるオタクでありたいね。

 

 

 

あとがき

今回のセトリ、たしかに過去最高でした。ぶちがあがりでコールたくさん。バラードもあって、ダンスもして、アカペラもきけてもりだくさん。それに蒼井くんがいままでこだわって部分がかなり良い意味でこだわりが変わったことが分かる、かなりエモいライブでした。蒼井くんが「今後につながるツアーだった」と書いていましたが、それをライブを見ただけで理解できることができて嬉しいです。何をやっても何を言われても全部蒼井翔太くんです!私はなんでもやってほしいというか枠にとらわれない蒼井くんが好きです。

 

というようなことを、福岡公演に入る前にお手紙に書いてBOXに入れたんですが、その解答のような話をMCでしてくれたので、私の蒼井翔太に関する解釈と、蒼井翔太くんの伝えたいことが一致しているのかなと嬉しくなりました。

 

 私自身高校のとき、「固定観念にとらわれない」をテーマに絵を描いていた事があって、ファッションやお化粧もそういう風にしてたんです。でもやっぱり社会人になっていろいろ始めたりして年月か達につれて、人の目を気にする機会が増えてしまった事で、自己掲示欲とか承認欲求にとらわれて「良いと思われたい」とか「どうしたら見てもらえるか」みたいな需要に合わせるような意識がでてきて…。結局それって固定観念にとらわれる大人になってしまってるなーってなやみつつ、そのからをやふれるほどの自信も自分には全くないのが現状です。

 

でも蒼井くんの日頃の多様なお仕事や、ライブパンフの様々なビジュアル見るたびに、この人ほんとにすごいな〜って。こういう風でありたいなっておもうんです。でも蒼井くんがそう見えるのって、蒼井くんの日々の努力、美容に関しても歌や演技に対しても真摯に取り組んで努力してる証拠なんですよね。蒼井くんだって不安もあるだろうし、やりたくないこともあるかもしれないし。その不安の上に努力を重ねて自信もつくっていうのを勉強させられる。蒼井くんの弱いメンタルの上にたくさんたくさん大変な事があったりして、その上に努力があって自信とお仕事の成果があるんですよね〜・・・。

 

そういう人間でわたしもありたいな。いつもそう思うだけで努力が続かない自分にイライラして、まあいいやって諦めるの無限ループ。変わりたいな〜変われるかな〜・・・とりあえず、キモいと思われたくないので、 蒼井くんに会いにいくときは、かわいい自分でいられるようにこれからもがんばります。