蒼井翔太に落ちたジャニオタ

母親からイケメン好きを受け継ぎ、小学生からジャニオタだった現在社会人のオタクで夢女子で腐女子が蒼井翔太にはまった。今もジャニーズ、ジャニーズjr、男性声優を追っかけしている。

蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab. ~prism~ IN 大阪 ライブレポ?

蒼井くん、「蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab. ~prism~」ほんとうにお疲れ様でした。東京公演もハプニングがいくつかあったみたいだけどやりきったね。レポの写真みて感動したぞ〜〜〜〜!

 

ということで東京公演もおわったので、

蒼井翔太 LIVE 2017 WONDER lab. ~prism~ IN 大阪」のライブレポ的なもの!

覚えておくためにね。

 

※セットリストはとあるサイトを参考にしています。

※蒼井くんの言葉はニュアンスのみです。

※記憶違いが多いかもしれません。

 

 

★セット

開演前は上段中央に半円のドーム?があって、背面のモニターつかってスノードームが写っていました。

このドームさん、公演中もなかなか良い仕事します。

 

これってグループのライブには使えないんだよね!

1人のライブだからこそのセット。

その人のためだけにあるセット!

 

上段から下段に下りる階段もカーブ状になってて、お城の階段みたいでした。

あとから翔太くんが降りてて気づいたけど結構段差が大きかったな。狭いしね。

 

大阪公演ではカメラがなかったようで、モニターは背景演出でしか使われてなかった。夏魂とか武道館はモニター使ってたから双眼鏡いらないや〜って思ったけど歌ってる顔も見たかったな。いつもジャニ現場は写ってない時の自担やトロッコでお手振りする自担みのがせないので必須だけど、一人を見に行くときも一応もってくか・・・・。

 

17時半会場18時開演は無理があったようで、ONタイムで始まらなかったので私はPA席の重鎮みたいな人を観察してタイミング見てましたw

重鎮のOKサイン確認!

そして暗転〜

 

 

★オープニング映像

 パンフレットにも載ってる、画家しょーたんのアトリエ。悩んだりしながらアイデアを考えてる画家しょーたん。はっ!っと思いついたみたいで、キャンバスに向かって生き生きとした顔で書き始めます。そして完成したのが、衣装のデザイン画...! その絵がキラキラしはじめて、目をごしごしする画家しょーたん。全てを察した私たち大興奮です!

 

 

 

1.north star

そして、上段のドームの中がスモークでいっぱい。うっすら見えるシルエット!そのドームが開いて翔太くん登場です。

衣装がこれまたすげえ。シルエットが完全にプリンセス。でもめっちゃかっこいい。

 

この選曲は納得ですね。武道館の後の想いを書いたnorth star。「Next Stageへ連れて行くよ」その場所がここってことか。

 

1曲目から頭降りながら激しく歌う翔太くんめちゃくちゃ男前です。

 

衣装が腰からワイヤーパニエの堅さでフリル?がでてて翔太くんの動きがはげしいからめっちゃ揺れてかっこいい!

 

あとのMCでいつものやつで回ってくれたとき、後ろ姿でとまってくれてポーズ。後ろがすこし短くなってて奇抜。

 

 

2.DDD

3.絶世スターゲイト

4.イノセント

5.UNLIMITED

 

ライブレポとは思えないこの記憶力のなさ。どのタイミングかで、衣装の腰のフリルだけ取れるしようになってて「今にもロボットに乗りそう(本人談)」な感じになってました。

 

全体的にだけど、生歌ならではのアレンジが多めにでてて素晴らしい。

 

この辺のMCだったかな?

「男性が多いね!」って話で

ツイッターで、男一人での参戦が不安です!って見ましたけど、大丈夫!

うちの女の子達優しいから!」

「うちの.........wwww」

ってざわっとしてました。まんざらでもない私たち。

 

あとダンサーさん6人になってた!6人でやるアンリミ迫力増しててかっこよかった。アンリミの「鏡越しの〜」のところのダンサーさんも毎回違うダンスしてくれるから楽しいね!あれっていわゆる「フリーで踊れよ」なのかな。

 

ここでまた映像。

 

 

 

★映像

またさっきのアトリエと画家しょーたん。

イデアが浮かばない時のうろうろしてる動きはアドリブでしょうね。

脚ばたばたしてるの蒼井翔太だなって感じ。

今度は窓の外の海にインスピレーションが湧いたみたい。

海と砂浜を色鉛筆でスケッチブックに書いていく。

海には、人魚のしっぽ!

 

そしてまたまたドームがスモークでまっしろになって開いて、衣装チェンジ。

 

 

 

6.Endless Song

で、でた〜!闇落ちsong。マリナ様のトラウマが一気に帰ってくる笑

この衣装ほんとに素晴らしくて、今回のLIVEで一番好きかも。

ブルーが基調で和服風。なんだけど袖がなが〜くてひらひら〜〜〜〜!まるで人魚のような。乙姫様に見えたな。

左側がとてつもなく長かった。髪型もかんざしがささっててカグヤちゃん的ポニーテールになってました。本人が言ってたイメージは天女だったかな?

 

動きがとってもマリナ様。指の先脚の先どこまでもうつくしいです。私的には全てを知った後のマリナ様だったな。

生歌でまたコレが聞けたのもすご〜い嬉しい。

 

東京公演はまたフライングあったんだね!

あとまた小林幸子になってたね!

 

 

7.愛のささめきごと

8.MURASAKI

9.哀唄

このへんの曲すっごいすきで!蒼井翔太にしか歌えない歌がすきなんだよね〜。和風曲のときの煽りが「ハッ!」になるところとかも細かいとこまで世界観つくってあるよね。

 

MURASAKIの「君以外は見えない」は男ver→女verでした。

 

 

 

10.空は透明な誓い

「まーもりたいのはー未来そしてーはかなき愛〜〜〜〜〜〜〜〜ヒッ↑」

いままで喉が鳴ってると思ったけどこれわざとなんだ('-'*)

好き。

 

 この曲だったかな?

ドームの中が雲が流れる映像で、最後のサビのタイミングでドームが開いて空もモニター全体にぶわ〜っと広がってく演出が壮大で狭い会場も広〜く見えました。

 

曲中、後ろから風がでて来て衣装がふわ〜〜〜〜!ひらひら〜!!!!

KAT-TUNがよく風浴びてたけど、それとはまた違う雰囲気のやつ笑

こんどは天女でした。

後ろからの風だから前髪がみだれなくて良いね。

 

エンドレスソングからここまでが天女衣装なんだけど、

この衣装、エンドレスソングでは人魚に見えるし、

ささめきごとから哀唄までは演歌歌手に見えるし、

空は透明な誓いでは天女にも見えるし、

一つの衣装で曲によってここまで印象が変わるのは、

翔太くんの表現力なのかなと。

まずこの衣装が似合う男性なかなかいないよね。

「みんなたまに忘れてると思うけど僕、男です笑」

っていってたけど。

蒼井翔太に「女子か!」っておもうことはあるけど「女性」だとおもったことはなくて、男性らしいところも好きだし「両性をもちあわせてる人」と感じてますね。

そこが「蒼井翔太にしかできない事」なんじゃないかな?

 

こういう衣装を着たとき(武道館ならMURASAKIとかの)の

翔太くんのしゃべり方がおもしろい〜笑

演歌歌手のディナーショーみたいで笑

しっとり水分多めの蒼井翔太っていいよね。

「自分で意識してなくてもこういうしゃべり方になってしまう」と言ってました。

 仕草も変わってるよね。

 

 

 

ここでまた衣装チェンジ。ダンサー紹介とかだったかな〜?わすれちゃった。

ダンサーとバンドメンバー紹介の映像は、画家しょーたんが鏡文字でパネルに書いてました。(早送り映像)

 

 

 

11.RUN!!RUN!!

チアボーイ!ラベンダーと白と黄色(多分)のチアボーイ衣装です!

半袖短パンスニーカーの少年(アラサー)かわいい〜!

腰にチアのポンポン(名前がわからん)がついててサビ前にひっこぬいてサビはチア風の振り付けでした。

取るときに片方がうまく取れなかったけど振り付けには間に合ったので「てへっ」って顔してました。

 

2番からダンサーさんが曲に合わせてポンポンで「SHOTA」をつくってくれるのですが、「O」のときに翔太くんを囲んで「♡」になってたのが可愛かった〜!

 

そしてダンサーさんがおっきい旗を持ってでてきます。

ジャニーズJr.がよくふってるアレ!!!!

み、みたことあるやつや!!!!

なんとまあ翔太くんもおっきい旗ふりながら歌ってるわけよ.....

飛ばしたり後ろにまわしたりの技もやってて、「みたことあるやつや!!!!」

一生懸命な翔太くんにとても感動しました(年上)。

 

こうやってどんどん新しい何かを習得して行く所を見るのがたのしいのは、

ジャニオタにはたまらないんだろうな。

 

この曲みんなペンラ降ってたんだけど、今思えばグッズの紹介で「フラッグを使う曲ふやしたい」的な事言ったたから、コレは一緒にフラッグ降った方が良かったのかもしれない。

 

 

 

12.ずっと

ここで!?とおもったけど多分MC挟んでだったからいきなり感はなかったかな。

この曲はずるいね。

1番はステージ上手で、2番は下手で歌ってました。

「I love you」のハートも、「my darling」のハートも、2番の掛け合いもやってくれました。

 

掛け合い部分は

「どこ行こうか?」

「何食べようか?」

「ここがええな?」

「これがええな〜」

 

と、関西弁風に!

みんなの適応能力にご満悦の翔太くん。

 

最後にはリップ音も。あざっす。

 

MCで「ええな!って言ったときにみんながええなで返してくれてよかった〜!みんなの......なんとか能力?」さすがの蒼井クオリティ。

ファンに「適応〜!」っていわれるけど聞き取れなかったみたいで「対応?対応能力?」って言ってたけど、「適応能力」だね。

「わ〜。今回カメラなくてよかったw」

私としてはそれが残念だったよ。

 

夏魂で初めて歌った時も、Tスプのときもかなり緊張してたけど、今回はすこし余裕をかんじた。 

 

 

 

13.タッチツーテイクトリコ

前回同様いきなりのタチツテトリコ。

前例があるから、みんなすぐ取り出せるように開演前に準備してました笑

この曲聞くと開始30秒で旗を落とす伝説の振り付け動画を思い出すのは私だけじゃないはず。

 

最後の「ラララララ〜!」のところをあおってくる。

途中オケが下がって、私たちだけの声が会場に鳴り響きます。

何回歌ったんだろ!

「みんなの声きこえてるよ〜!」

体感では6回ぐらい歌って喉死亡。こういうのこっちも楽しくなるし、おっきいこえ出してやろう!っておもって良いよね!

 

ライブ序盤で言ってた「体力のこしておいてね!」って言ってたのはコレか〜!とその頃は悠長に考えてました。 

 

 

 

14.START!

サビの「Let's star!」と「Let's shout!」のところ、1番はファンに言わせてくれたけど、2番からは普通に歌ってました。

生き生きしてて好きだな。

 

 

 

 

★映像

またまた画家しょーたん。

アトリエには武道館のときの白の王子様衣装がトルソーにかざってあります。

画家しょーたんが書いてるのは、また違った感じの王子様衣装!

トルソーの衣装がキラキラとし始めて、デザイン画からもキラキラが出てきます。

 

そして翔太くん登場〜!

 

めっちゃかっこいいです。

ライブのメインビジュと同じような赤色を貴重にした王子衣装!

右肩うしろには短めのマント。後ろは燕尾になってました。

黒のパンツに黒のロングブーツ!かっこい〜!王子様〜!

無音で階段をゆっっっっくりおります。

魅せるね〜。

 

階段に座って、次の曲に。

 

 

 

 

15.汝の言霊(バラードバージョン)

前回の武道館はフルバージョンだったので、今回はバラードバージョン。

今回のライブ、バラードがこれだけだったけど、演出もなくスポットライトで聴かせる感じでした。蒼井翔太の声ってどこまでも届きそう。

とんがり山の河内さんのピアノがとっても優しくてすてきでした。

 

 

 

16.秘密のクチヅケ

ドSしょーたん降臨。

とても激しいし、男蒼井翔太

真っ赤なペンラと真っ赤なライトと真っ赤な衣装の蒼井翔太

最後のサビはアレンジの方で歌ってくれました。

アレンジもちょっと変わってたかな?

 

どうでもいいけど、私の前の席のワンラボTシャツ(武道館)男性の男性、この曲だけ異常に湧いてた。好きなのね。

 

 

 

17.S

きたー!だいすき〜!翔太様〜!いままでで一番はげしい!

あたまブンブンふって歌ってました!

「ひざまづけば与えてあげる〜」のところ、何かを殴る感じの動作でそのままひざまづいてた...!めちゃくちゃかっこよくて、家に帰って真似した。

「天使づら」のときに自分の顔を指してるのもかっこいいし、「攻撃的になれないとでも」も、1番と同じ殴る感じの動作でとっても攻撃的。

 

「義務教育ってことで」の部分、翔太くんがヘドバンしてたから、

友達も私もヘドバンしそうになった。(友達はOCDファン)

 

約2500人の「S!」を浴びる翔太くんとても気持ち良さそう。

タチツテトリコのときにやりきったと思ってたけど、この曲で完全燃焼。

約5分間の間に「S」をこんなに叫んだ事ない。

めっちゃたのしい。ライブの定番曲になってほしいです。

 

それに、やっぱりアゲーリッシュ(上松さん)はすげーや。

上松さんの作る曲が個人的にツボなんだろうな。

インパクトが違うというか。やっぱり翔太くんには上松さんが必要だよ〜。

 

 

その後のMCでオンマイクでゼーハーゼーハーいってる翔太くん。萌え。

「僕も人間です。息も上がるし、疲れもする!w」

ドリンク飲んでる音もマイクに入ってて、

「あ、マイクとおってるね!w」

なんだかごちそうさまです。

 

そして、時間がすぎるのはあっというまで、

「あと二つ、歌わなければ行けない曲があります。」

 

 

 

18.Checkmate

 この曲新曲3曲の中で一番すき。

しっかりダンスナンバーでした。

遠目で見てもセクシーな表情でした。

エロいとかじゃなくね。

 

「Everybody go!〜」の部分の振りがとっても女子だった。

これは意外だったな。猫みたいな?分かりやすく言えばPerfumeみたいなかんじ?

 

色男ソングだよね?

 

個人的にこの曲は脳内PVが完成してて、長い布・残像・カウントズレ・モノクロの赤抽出みたいな映像が流れてる。

 

 

 

 

19.Flower

全部踊ってたので、PVでは見れない部分のダンスも見れてよかった!

PVみながらダンス覚えるの好きなので、円盤たのしみにしてる〜!

 

よくあんな狭いステージで6人で踊れるなあ。

翔太くんのダンスも気合いはいっててキレキレでした。

ニコ生でペンラの色は「自分の思う花の色」とご提案があってので、カラフルな会場でした。

 

そして蒼井くんから軽めに挨拶があってエンディング。

 

 

 

20.アンコール(SHOT A LOVE!→TRUE HEARTS→Summer dreaming→

SHOT A LOVE!)

蒼井くんのライブでメドレー形式は初めてじゃないかな?(まちがってたらごめんなさい)

 

コールや振り付けのメドレーで気持ちが高まりました。

こういう一体感大事にしてるところ良いよね。

 

ただ、Summer dreamingの振り付けは夏魂でしかやってないから、そこは鬼畜だなとw

あとはペンラいそがしかった!w

 

いったんダンサーさんはけたので、ダブルアンコワンチャンある?と思ったけど、バンドさん紹介のあとまた出てきたのでそんなことはなかったですw

 

このアンコールのときだったか、Melodiaのときだったか記憶が曖昧だけど、ライブ前に募集のあった「このライブに描く夢」のハガキが映像でたくさんながされてました。

 

 

 

 

21.Melodia

最後はおなじみの。

「思い出してあの日を」のところ、今回も「この日を」と歌ってくれました。

悩んだりしたときは今日この日を思い出してねってことね。素敵です。

 

 

そしてエンディング。

バントさん紹介、ダンサーさん紹介。

とても良い雰囲気でお仕事されてるんだなっていうのがなんとなく伝わってきました。

 

最後集合写真をとったんですが、

「Sのポーズね!右がS!あw 何いってんだろw 右が上ねw」

最後まで蒼井翔太クオリティでした。

 

あと集合写真録ってる時、脚広げて中腰になるから、蒼井くんのおケツがきになってしかたなかった。

 

最後は出演者で手をつないで、地声で挨拶してくれました!

狭いと聞こえるね〜。ちゃんと上まで聞こえたかな?

 

バンドさんやダンサーさんを見送って、翔太くんが左右の花道まで、隅の隅、2階席3階席、奥の方まで手を振って挨拶してくれました。

 

2時間半以上あったかな?とっても良いライブでした!

 

 

 

 

 

思う事

 

いつも、何度も何度も「また会おうね」「この場所を守り続ける」といってくれる翔太くん。

約束のようで、自己暗示のようで。

 

長年ジャニオタやってると、いきなり降格したり、グループなくなってたり、いきなりやめたり、きづいたらやめてたり、ってことがたくさんある。

 

だから、「この先何があるかわからないし、今の彼を応援しよう!」というスタンスなんだけど、翔太くんが今後どうなってくか楽しみでしかたない自分もいる。

 

と、同時に不安もある。

前回の武道館も埋めれるかどうか...みたいなとこあったし、シビアな事言うと、埋まってはないし。

今回の代々木も、結局ツイッターとかで定価割れのチケットが出回ってたりして....

なんでそんなに急いでいっちゃうのかな?

蒼井翔太の歌にはきちんとお金をはらっていきたいし、そうしてほしい。

良いものを持ってる人だから大切にしてほしい。

 

「ステップアップして新しいことをして行く。」っていうのは、そういうことじゃないとおもう。

公演内容がとてもすばらしいから、キャパ増やすことに手一杯にならずしっかり現実に目を向けてほしい。

 

「代々木でやった」っていう肩書きがほしいのかもしれないけど、蒼井翔太の良さはそこじゃないとおもうんだよね。

 

今後に期待しつつ、現状を応援して、蒼井翔太くんにずっとお金はらっていたいな!と何度も思わされました!

 

まあなんやかんや代々木もいきたかったな〜!

大きい会場でやることを想定した編成だったから、大きいとこでやるとまた違った演出になるんでしょうね!

 

とりあえずは、半年先の円盤をまつしかないね。

 

マスパパが「君みたいに才能のある人は全国行脚しなきゃだめ!ツアーしよう!」といってくれたのが本当にうれしくて。

 

そんな未来もたのしみですね。

 

 

ながながと書いてしまった!

それぐらい内容の濃いすてきなLIVEでした!