蒼井翔太に落ちたジャニオタ

母親からイケメン好きを受け継ぎ、小学生からジャニオタだった現在社会人のオタクで夢女子で腐女子が蒼井翔太にはまった。今もジャニーズ、ジャニーズjr、男性声優を追っかけしている。

大倉担から見た渋谷すばる

2018年4月15日午前11時。関ジャニ∞渋谷すばるが年内にジャニーズ事務所を退所することが発表された。

このことは私にとって人生で一番といっても過言ではない衝撃の日。

私のジャニーズ史のなかでもおぼえておきたいこと。

発表されてから今までの自分の事、今の気持ちを書き留めておきたかった。

数年後に読んで「あーあのとき、こんなこと思ってたんだ」って笑える日がくるかもしれないという可能性にかけたい。

 

 

私は14年間、小学生の頃からエイターだ。

気付いたらエイターだったし、大倉担だった。

大倉担とはいえ、関ジャニ∞のことが大好きだし愛してる。

8人のエイトも、7人になってもっとおおきくなったエイトも大好きだ。

14年もみてたら、メンバーひとりひとりの色んな事を知って、

いろんな関係性を知って、ひとりひとりの事が好きになる。

すばるもよこもヒナもヤスも丸もりょうちゃんも。内くんも。

大倉だけを好きなんじゃない。

 

 

2018年4月13日。週刊誌に「渋谷すばる脱退の意向」と書かれた。

私はそんな記事を相手にしなかった。

「ワロタ。すばるがそんなわけないやん。火消しヘタクソかよ。」と思った。

自分のアカウント見返したけど、記事に関してのツイートが一つもなかったw

親戚と姉とLINEで(全員エイター)「記事よんだ?爆笑」とか「錦戸も大倉もネタ切れ?w」とか「ガセなことぐらいわかるし」とネタにするぐらい。

それより伊藤綾子の匂わせブログに腹立った話をずっとしてた。

あんなに関ジャニ∞を愛してるすばるがそんなわけないやん。

Twitterにもいろんなツイートがあった。

関ジャニ∞っていうアイドルやってます」とか、

個人の活動にオタクでもはずかしいぐらいの「関ジャニ∞」とおおきく書かれたTシャツを着ていた渋谷すばるとか。

バラエティ番組に全力なすばる。

何万人の前で生尻さらすすばる。

なるほど姉さんをうみだしたすばる。

エイターが全員であの記事に抗議した。

 

 

 

 2018年4月14日。

夕方から姉とパンケーキを食べた日。

隣のおばさんが腹立つとか、ローストビーフ丼の米が多いとか普通の日常。

「今日は樹とジェスのらじらーだ〜!」なんて浮かれてた。

 

 

 

 2018年4月15日。

 私は朝から、友人とダンスの練習をしていて、姉や従姉妹のLINEにきづかず、LINEをみたのか10時50分ごろ。そのときに初めて11時に関ジャニ∞から何かしらの発表があることを知る。そのときにもう心臓がはりさけそうだった。 

友人に「エイトから発表があるみたい.....」というとみんな「私もTwitterみてみる」とみんな興味津々だった。

ずっとエイターやっててこんな発表のしかたはじめてで嫌な予感しかしなかった。

でも同時に「海外いく?そうであってくれ」と。とても長い10分間。携帯から手が離せなかった。

11時。サイトに繋がらなかったのでTwitterをみた。

渋谷すばる脱退」

信じられなくてサイトをみた。

堅っ苦しい文章に「ジャニーズ事務所を辞めさせていただく決断をしました」と。

文字通り倒れた。うずくまって涙がでた。

「ちょっと電話してくるね」とだけ伝えて、すぐに姉に電話をした。電話に出た姉も泣いていた。「無理」「なんで?」「ツアーは?」「ほんまにやめるん?」「え〜〜〜まじで無理なんだけど」と二人して感情のままに話した。10分ほど泣いたら、ふっと、いきなり冷静になった。いきなり感情が消えた感じ。「人って悲しいことがあると感情もなくなるな?」なんて姉と話して。

 

その後、会見が開かれたと知った。ニュース番組の映像をみた。スーツを着て、葬式みたいな顔してみんなでならんで出てくるエイトをみて

「ドッキリ?コントでもはじまるんか?」とおもった。だとしたらアカデミー賞級の名演技だな。

「私、渋谷すばるは....」と言ったとこをでもう見れなくて消した。

練習が終わってから、1人になる前にみんながいる横でその映像を見た。すばるの話を聞いて、他のメンバーのコメントも聴いても内容が頭に入ってこなくて涙もでなかった。「なにこれ?」

 

昼から友人と買い物をした。会った瞬間に「なんて言っていいかわからないけど、大丈夫?」と心配してくれた。大丈夫じゃないのをわかって言ってくれたのかな。「大倉じゃないくてよかったねと言うべきか、なんて言ったら良いか分からんけど」と素直に言ってくれたおかげで私も素直に沢山話した。「大倉じゃなくてよかった」と言う発想にもならなかったことに、言われてから気付いた。その日はまだ実感もなくて。結構感情のままに話したから何話したか覚えてない。

一つ覚えてるのは、友人に「○ちゃん(私)は事務所辞めた人には興味なくなるんよね?」と聞かれた。

私は、いままで事務所を辞めてきた人たちを応援する事も興味を持つ事も無くなるタイプ。「ジャニーズの彼」に興味があった。「ジャニーズを辞めた人」としてしか見れなくなるのだ。

その時に友人の「○ちゃん(私)は事務所辞めた人には興味なくなるんよね?」という問いに対して「うん。だって、ジャニーズはブランド。タレントはブランド物。ヴィトンを好きな人はヴィトンじゃない革のバッグに興味ないでしょ?」と謎の名言をたたき出したことは覚えてる。我ながらポエマー。

 

 

ここからは私の気持ち。

会見の映像をもうなんども見た。いろんなワイドショー全部。

ジャニーズ事務所を辞めさせていただく決断をしました」というすばるを何回もみた。バラエティに後ろ向きだったという報道を笑顔で「責任を持って否定させていただきます」といったすばるに「だよね」と安心した。横でわらう大倉もいつもの関ジャニ∞だった。

「彼を応援する」というメンバー。

でも大倉は違った。

「思った事は全部伝えた」「勝手な決断をしたすばるくんを嫌いになれなかった」「応援したいし、応援しなくちゃいけないのかなと思います」「記者会見にでるのも嫌だったけど、何を言うのか隣で見たかった」と。こんなときにも素直な気持ちを伝えてくれる大倉が私は大好きだ。こういう大倉が好きで今も好きで嫌いになれないんだなとおもった。大倉の意見が私の意見だった。「日本でもできるんじゃないか」とか。でもそんなすばるくんを嫌いになれない。応援したいという気持ちももちろんけるけどそれ以上に応援しないといけないのかな。応援することしか私にはできないのか。

もちろんPONも見た。どこよりも長く、20分も会見の様子を流してくれた。赤いカーディガンに赤いネクタイを締めた青木アナ。

まだ自分の中では消化しきれいていない部分があるというのが、正直な気持ち。関ジャニ∞としての渋谷さんの歌声が聞けなくなるのがとても寂しいなと思っています。村上さんが、最初聞いた時の第一声で"なんでや、嫌や"とおっしゃってましたけど、まだその状態。なんでなんだろう、嫌だなっていう気持ちのほうがやっぱり強いですねあと、一生懸命説得して、でも説得しきれなくて、それでも出ていくすばるくんの会見に、泣きながら同席しているメンバー(横山裕さん)を見ると胸が張り裂けそうですね。それだけ強い絆があるんだなと改めて思いましたし」「渋谷さんの音楽に対するこだわりっていうのも伝わってきました」「メンバー全員出てきて会見したっていうのも、本当にこう、伝わりました」

この気持ちが怒りなのか悲しみなのかわからない時に青木アナのコメントを聞いて、これが私の気持ちだと分かった。語彙力のない私の気持ちをアナウンサーの語彙力で表してくれたのか青木アナだった。

 

いまはただたださみしい。

もうこんなこととは無縁のグループだと思ってた。

これからの関ジャニ∞に自信があった。 

 

 

関ジャニ∞をひっぱってきた渋谷すばる。すばるがいなかったら横もヒナもいない。関ジャニ関ジャニ∞になることなんて絶対になかったとおもう。すばるがいたから関西ジュニアに仕事があったといえるとおもう。そしたら大倉がドラムになることもなかったかもしれない。そんなこと言ったらきりがないけど。

 

タトゥーをかくしてマイクをもっっていたすばるくん。いつのまにか綺麗になった右手。「今日は喉の調子大丈夫かな」と歌番組の前に心配になって、「あの歌のうまい人だれ?」となってエイトが浸透するのがほこらしかった。その後ろで立っている大倉を見るのも好きだった。長髪だったすばるくんもおかっぱになったり自分で前髪切ってわけわからん髪型でテレビでたり。

 「オーバーワーク!」と文句をいいながらもきっちりアイドルダンスおどってみせるすばるくん。

当たり前のようにセンターにたつすばるくん。

一見からみのない大倉とすばるくん。

渋谷すばると大倉BAND。

ドラムを一心不乱に叩く大倉をみて頭を振るすばるくん。

叩いて被ってじゃんけんぽんで壊れるぐらいわらう大倉とすばるくん。

 

なによりも、元気魂オーラスで大倉の代わりにぶっかぶかの衣装を着てランドセル背負って大倉のうちわをもって、泣いてる大倉担を笑わせてくれたすばるくん。悲しむ大倉担のことを思って泣いてくれたすばるくん。「また会いにきてくださいよ」と。あのときのすばるくんにどれだけ救われた事か。

 

私は関ジャニ∞渋谷すばるを愛していた。

渋谷すばる関ジャニ∞とeighterを愛していた。

 

これだけは自信をもってはっきり言える。

そういう人だった。いつでもすばるの熱い挨拶に嘘なんてなかったと思える。

 

これから6人のエイトを悲観的に見るのも嫌だし、

7人のエイトにとらわれるのも嫌だし、

6人のエイトを応援できなくなるのもいやだし、

1人で出て行くすばるも嫌だし、

7人のエイトから変わらないといけないのも嫌だし

今のまま、すばるが納得いってないままエイトを続けていくのも嫌だし、

まださみしい嫌だしか思えない。

事務所をやめたすばるに興味がなくなる自分がこわい。

応援できなくなるのが怖い。

でも事実はどうやっても変わらない。

ファンの1人がなにをおもったところで変わる事じゃない。

エイトは6人になるし、すばるは1人になる。

6人のツアーもはじまる。

私にできるのはツアーに行って6人のエイトを確認する事。

その先のことはわからない。

でも会見を見て、大倉のこういうところをすきだと思った自分の気持ちは否定したくない。

6人のパフォーマンスを見て納得したい。

 

それまでにわたしは「もう一生見ない」とおもった元気魂の映像を見て「関ジャニ∞渋谷すばる」から決別したい。

 

卒業公演なんていらない。葬式じゃん。そんなの見たくない。悲しいライブなんて関ジャニ∞には似合わない。

 

でも、「これが最後だ」と分かった上で1曲生放送で7人でうたってほしい。

お願いお願いお願い。

多分もう何を見ても一生納得もしないけど。

 

勝手に決断して、メンバーにつたえて、「もう決めました」って顔で言われて、返す言葉もございません!って感じよ!!!!!!!!!!!!!!!「エイターに申し訳ない」っていわれて!!!!!「ここからの!」っていったときのすばるの言い方!!!!!!!ライブで言う時の言い方して!!!!!!好きじゃんそんなの!!!!!!!!すばるにいわれなくたってここからの関ジャニ∞を私は見ていく!!!!!!!!!!!!!!!!!

何見てもそんなそぶりを一切感じさせず!!!!!!!!!

 何聞いても何見ても実感もわかねえんだよ!!!!!!

このまま「はいそうですか。がんばって。」なんて言えるかよ〜!!!!!!!!!!!ばか〜!!!!!!!!!!!!!!!!!